MESSAGE

奈良県のサンダル製造は、農家の副業として営まれていた。草履の製造が明治20年頃産業化され、昭和25年には草履にスポンジ底を組み合わせたものを開発されて以来、ゴム・ビニール製品へと移行し、昭和30年~40年代のヘップサンダルブームに乗って実用性に富んだ気軽な履物として親しまれると共に時代の流れや生活様式の変化に伴って、機能性やファッション性への追求・開発がなされています。革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。

GALLERY

奈良県HP

奈良県中小企業団体中央会HP

 

BRAND

  • 奈良(NARA)の『N2つの履物をシンポライズ。奈良県を基盤とした履物の協同組合であることを表している。中心を左から右へ流れる曲線は、過去・現在・未来へと時代の変化に対応し、受け継がれてゆく技術を象徴している。

  • 所属する組合員によって奈良で製造された履物である。

  • 県下全域の単組組合と組合員で構成され、見本市開催による販路開拓事業やデザイン開発事業等によって業界振興を図る為に運営しています。

  • 奈良県の生産サンダルは、御所市・葛城市・香芝市・上牧町・王寺町・三郷町を中心に、日本有数の産地を形成しています。

LINK

KOSENツジモト

酒田工業所

芝惣商店

ダルマゴム工業所

㈱DESING SETTA SANGO

㈱一歩

㈱丸宗

㈱マルサンフットウエアー

森川ゴム工業所

㈱山一

侘寂び屋

ミサト履物協同組合

㈱Curious

EFFORTS BUSINESS

全国サンダルフェア SpringSummer Collection in 神戸(神戸国際展示場)日本グランドシューズコレクションと同時開催。中止5月展(2020年0520・21日)10月展(2020年1014・15日)・1月展(2021年0120・21日)

各出展者が取り揃えた、展示商談会になります。主催/日本ケミカルシューズ工業組合・共催/全日本ケミカルサンダル工業協同組合連合会・後援/近畿経済産業局/兵庫県/神戸市/神戸商工会議所/(公社)兵庫県物産協会/(一財)神戸国際観光コンベンション協会。

『奈良はきもの杯』開催日2021年2月11日‐14日、3月15日‐17日「企業協賛タイトルレース」に応募し、各種の産地PR活動を行っています。期間中には奈良県営競輪場内で商品キャンペーンなどを行い奈良県産履物の良さをPRしています。

県内及び近隣府県からの来場者、全国各地から集まる出場選手に対して「履物産地・奈良」と奈良県履物の良さを認識していただくことが出来る。また、スポーツ新聞(広告記事)車券出走表CS放送等にレースタイトルが表示されることにより競輪愛好家やスポーツ新聞読者に対して広く「履物産地・奈良」をPRすることができる。

『東京インターナショナルギフトショー』開催日2021/02/03053日間)

国内最大規模である標記展示会に出展し、全国各地から集まるバイヤーに新製品及び既存製品と「履物産地・奈良」の魅力を紹介・発信する事によって、より効果的な販路開拓やバイヤー等の評価を集約して新製品開発の参考とする事を目的とします。

『地場産品展示・即売会』御所市内で生産される地場産品と県下の地場産業製品を一堂に集めた展示・即売会に参加しています。

11/14(土)15(日)の2日間に開催が予定されていた「地場産品展示即売会・サンダル履物デザイン展」は、新型コロナウイルスの感染予防のため「中止」となることが決まりました。

 

『サンダル履物コンテスト』県内産のサンダル履物製品に対する認識をより深く消費者にPRすると共に、産地業界においては更なる質的向上への研究と創造意欲を高めて頂く事を目的に各方面の協力を得ながら開催しています。

一般部門、ジュニア部門との両部門の中から13賞を設定し消費者(御所市女性対策推進連絡協議会)、業界(奈良県履物協同組合連合会)、の各代表や履物デザイナー並びに奈良デザイン協会会員などの各種分野の方々の審査を経た入賞作品数点。また、その中から5点選出し試作化がなされる。詳しい内容は、御所市HPに掲載されています。

COMPANY

  • 〒639-2301
    奈良県御所市元町1-1

    TEL 0745-62-1288

    e-Mail hakimono@aioros.ocn.ne.jp

    営業時間 08:30〜17:15(土・日曜祝定休)

    ※都合により休業する場合がございます